日常のくらし

ネガティブになりやすいのはあなたが弱いからではない理由

こんにちは!こころの日常を探求する、ゆるです!

今日は「ネガティブになりやすいのはあなたが弱いせいではないよ」って話をしたいと思います

私たちはついネガティブになりがちで、人によってはそんなネガティブになってしまう自分を責めてしまう人もいると思います

なぜなら、わたしがその一人だったからです

でもそれは決してあなたが弱いからネガティブな方向に捉えてしまうのではありません

それにはしっかりとした理由があります

人間には「ネガティブになってしまう本能」がある

あなたがネガティブになってしまう理由はあなたが弱いのではないなら何なのか?

 それは私たちの脳に「ネガティブ本能」が備わっているからです

私たちの先祖がサバンナで暮らしていたときは常に危険と隣り合わせでした

 楽観的で能天気なひとはマンモスのような獣に食べられてしまって、子孫を残せなかったのです

対して私たちのご先祖さまとなった人たちは非常に優秀だったのでしょう

彼らは繊細な情報に敏感に反応して、危険が迫ってくるたびに対策を練っていたから生き残ってきました

ユル
ユル
昔はネガティブな考え方が出来る方が生きるのに有利でした

そして、その子孫が私たちなわけです

私たちはネガティブな考え方を持つご先祖様の血が少なからず、流れています

結果として「ネガティブ本能」を持ってわたしたちは現代を生きているのです

私たちの脳は1000年そこらで変わらない

ゼブラ, 横断歩道, 野生動物, サファリ, タンザニア, 夕日, アフリカ, サバンナ, 動物の世界, 野生

そこでこう思う人がいるはずです

「マンモスがいた時代から1000年もたってるんだから人間の脳も変わってるんじゃない?」

だけど、私たちの脳はたった1000年では変わらないのです

これは研究でも示唆されてることなので気になる方は調べてみてください

ネガティブな情報を拾いやすいということは、自然にネガティブな考えかたも比例して増えていきます

以上のように普通に生きててもネガティブになってしまうのは自然なことなのです

なるべく、ネガティブにならないようにするようになるには

ネガティブにならないようにするようにするテクニックは今度出そうと思っているので詳しく知りたい人は記事を読んでほしいのですが

ここまで読んでくれた方にサラッとご紹介します

一つは「情報を遮断すること」です

SNSという文明の利器が発明されてあらゆることを知れるようになった現代社会には情報が多すぎます

そこで、自分からニュースやTwitterなどのSNSからの情報を見ないようにするのも一つの方法です

「一切見ないようにする」のは不可でも閲覧する時間を決めるなどの方法を使いましょう

「デジタル断食」も非常におススメの方法になります

まとめ

green grass field under white clouds and rainbow

 私たちの脳には自動的にネガティブな情報を集め、ネガティブな思考をしてしまうようにプログラムされています

したがって、ネガティブになりやすいのは決してあなたが弱いなどのせいではありません。

ネガティブになりやすい傾向があるのを知っておけば、ネガティブの根源となる情報をシャットアウトして自己防衛をしかりしていくことが情報社会の現代にこころを病まない予防線になると思います

最後に、「いくら休んでも疲れが取れない」や「落ち込んでいる気持ちが何日も続く」という人はネットで検索して自分でなんとかするのは危険です

一度病院に行って診てもらうのが最良だと思います

これは、メンタル疾患があるわたしからのアドバイスです

では、皆さんもメンタルに気を付けて日々をお過ごし下さい!

またね~

こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます