うつ病

目が覚めても起き上がれない…。ときにしていること 【うつ病体験談】

こんにちは!ゆるです

今回は、うつ病で目が覚めても起き上がれない日の個人的におすすめの過ごし方について話したいと思います

目が覚めても起き上がれないとはどんな状況?

grayscale photo of sleeping woman lying on bed

 うつ病でない人あるいは「うつ病でも体験したことがないよ!」という人はどんな状況?と疑問に思う方に向けて、説明していきたいと思います

①布団を剝ぐことができない

gold and silver heart pendant

朝、目が覚めてから起き上がるために布団を剥ぐと思うのですが、まず「布団を剥ぐ」ことが出来ません

冬場の朝は誰でも「お布団と仲良くしたい」となかなか布団から出たくない。と思うことも少なくありません

けれど、そのような理由ではありません

ではどのような形か?と言いますと身体に力が入らないのです

脱力状態なため、布団が重くのしかかって布団を剥ごうとしてもまったく剥げません。

わたしの場合、時間が経過してくると上半身は動くようになるのですが、もともとの障がいのせいもあるからか、下半身が動いてくれません。

そのような状態のためベッドの上で一日を過ごすような感じになります

ユル
ユル
身体に力を入れようとしても金縛りにあったかのように身体が動きません

②熱がないインフルエンザのような体のだるさ

温度計, 温度, 発熱, インフルエンザ, 医療, 冷, 健康, 病気, 医学, 冬, 病気の, 薬, ホット

わたしの場合は「身体に力が入らない」そのようなときは、大概多くの確率で熱がないインフルエンザのような身体のだるさがあります

全体的にだるくて身体を動かそうとすると関節が痛いに加えて、倦怠感もありどんなに布団をかけていても寒気がします

ユル
ユル
最初は倦怠感まで出てくるとうつ病以外の病気を疑いましたが主治医には「うつ病の症状」と言われました

③そんな日は気分も落ち込んでいる

timelapse photograph of road

身体にも影響が出るときというのはわたしのうつ病のなかでも結構、調子が悪い日なので気分の落ち込みがものすごくあります

そんな日は学校も登校できないのでお休みしなくてはいけない日です

そして、「なんて自分は情けないのだ」と自分を責めてしまうのです。

ユル
ユル
「病気の症状だからしょうがない」ことではあるのですが…。気分が落ちている日は「全部、自分が悪いんだ!」とネガティブに捉えてしまうことが少なくありません

何度か起き上がろうとした後に諦めモードに入る

クレー, 4 つ葉のクローバー, 幸運のクローバー, チックタックつま先, ラッキーてんとう虫, パズル

身体がだるく、気分も落ちているときでも起き上がろうと挑戦します

枕に手をついてみたり…いろいろ試してみますが、いつも起き上がることができません(笑)

そして、「今日は起き上がることは難しいからベッドの上で一日を過ごそう」と諦めモードになります。

諦めモードに入ったユルの行動は2つです

  1. 怠いときは素直に寝る
  2. 読書をしたり、YouTubeを見る

どっちかというと「①怠いときは素直に寝る」が多いです

ただ、たまに「起きるまでの元気はないけど、眠気がない」と言った場合はベッドサイドに予め用意しておいたkindleやiPadを使って読書やYouTubeなどの基本的に体力を使わなくても自分が楽しめることをします。

YouTubeは考えることを封じられるからおすすめだよ

Youtube in smartphone

調子が悪いときって頭が高速サーバのように稼働して、不安で頭がいっぱいになっちゃうんですよね

このような時にはYouTubeやAmazonプライムビデオなどの受動的に楽しめるものの方が主観的になりづらい分、不安から逃れられるのでおすすめです

また先ほど、「kindleで読書をする」と書きましたが、読書をするのは調子が最悪な状態から脱出できた後に楽しむのが最適です

小説は省きますが非常に不安を感じやすい状態で読書をすると、入ってきた単語から、嫌なことを連想してしまいフラッシュバックが起きる可能性が大いにあると思います (筆者は経験あり)

読書は「ちょっと調子が戻ってきた」となったら自分の好きな本を読んでみるのもいいかもしれません

太陽の光を浴びれるようにカーテンを開ける

人, 金髪, 女の子, 石, 上, 川, 水, 夏, 太陽, 光, バックライト, 探している, 魅力的です

 気分が落ち込んでいる日でも「カーテンを開ける」ことは意識するようにしています

といっても、ベッドが窓際に寄せてあるため、調子が最悪でも「楽ちん」とまではいかないですが、なんとか頑張ってカーテンを開けられます

セロトニンの分泌を促すためにカーテンを開けるようにしています

「セロトニン」とは、睡眠と覚醒をコントロールする脳内物質で人間の意欲や気分にも深くかかわっています。

セロトニンが低下しているひとは「頭がボーっとして学校や仕事に行きたくない」など、抑うつ気分が続くといいます。

うつ病を患っている私たち患者はこのセロトニンが著しく低下しているといいます。

セロトニンが著しく低下しているせいで気分が落ち込み、「何かをしたい!」というような意欲もなくなってしまいます。

また、セロトニンが分泌されると夜にぐっすりと眠るために分泌される「メラトニン」の原料なので、「セロトニンが分泌される≒夜にぐっすりと眠れる」作用をもっています

気分をスッキリさせるためにも、夜にぐっすり眠るためにも一石二鳥な「カーテンを開け、太陽を浴びる」ことを調子が優れない日ほど、大切にしています

散歩が出来なくてもカーテンを開ける

太陽の光を浴びると考えれば、実際に外に出て散歩をしたほうが確実です

ですが、調子が悪い日は外に出るのも億劫になってしまうので代わりに「散歩が出来なくてもカーテンを開ける」ことをしています

もちろん、調子が優れているときには朝起きてからや、休日なら太陽の南中高度が一番高くなる正午を目安にお散歩をしています

まとめ

冷凍バブル, シャボン玉, 凍結, 冬, 日光, 太陽, 風景, 熟した, 冷, 青, 氷, 冬の印象, 透明

 この記事を書こうとしたきっかけはうつ病を経験されたことのあるTwitterのフォロワーさんとの会話の中で「目が覚めても起き上がれなかった経験がある」というかたがいたので「もしかしたら、うつ病あるあるなのかな?」と思いで記事を書いてみました。

なので、もしこの記事を読んでくれたかたで共感してくれるかたがいれば嬉しい気持ちでいっぱいです。

鬱状態で気分が落ち込んでいる時やベッドから起き上がれない日は

自分のしたいことをして過ごすことで少しでも不安を和らげてあげる、あるいは気を紛らわすことが大切なのかな。

と私は思います。

調子が悪いときに勉強や仕事をしても上手くいかないことがほとんどだと思うので、そんな時は割り切って休むことを優先した方が長い目で見たときに上手くいっている、なんてこともあるのかもしれません

読んでくれてありがとうございました!

またね!

参考文献

もっと詳しく知りたい方はチェックしてみてください

「精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル Kindle版」をAmazonでチェック!
こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます