日常のくらし

つい他人に対して「カッ」となってしまうのはどうして?

こんにちは!ゆるです!

他人に対して「カッ」となってしまい、腹が立ってしまった経験は誰にでもあると思います

ですがそもそも私たちはどうして相手に「カッ」と腹が立ってしまうのでしょうか?

今日は私たちが相手に「カッ」と腹が立ってしまう理由について話していきたいと思います

相手に「カッ」となってしまう理由はズバリ「○○」だから!

man in black crew neck t-shirt

まず、相手に「カッ」となってしまうそれは「つい相手に厳しくなってしまう」とも言い換えられます

そして、結論から言うと

つい相手に厳しくなってしまうのは

「課題の分離が出来ていないから」なんです

ココハ
ココハ
「課題の分離」ってなに?

「課題の分離」とは?

アドラー心理学に出てくる言葉で

カンタンに言うと、「物事を考えるときに、自分と相手のタスクを分けること」です

そして、課題の分離をするときに重要になってくるポイントは「結果が最終的に誰が引き受けるか?」でそのタスクへの向かうべき人が見えてきます

分かりやすく例でご紹介します

例えば、「部下の仕事が遅かった」とします

そこで、あなたは部下に「仕事のスピードが遅いぞ!」と怒っても仕事をするのはあなたではなく部下であり、そこで上司のあなたが声を荒げたところでどうすることもできません

もう一つ、例を挙げてご紹介すると

子供に「勉強しなさい」というが全く勉強のする気が見られないとします

ここでも、事実「勉強をするか? or しないか?」はあなたではなく子供の決めることであり親であるあなたが決めることではありません

後者の場合、親が子供にしてあげられるのは「勉強を強制」することではなく、子供が自ら勉強をするようになる「きっかけ」を作ってあげることしかできません

最終的に「勉強をするか? or しないか?」はあなたではなく子供だけが決めることのできる判断です

勉強を強制された子供はあなたのいる前では勉強に取り組むようになるかもしれませんが、大人になるにつれ勉強嫌いになってしまう可能性が高いでしょう

タスクと向き合うことのできる人

つまり、タスクと向き合うことのできる人は他人のあなたではなく、そのタスクを抱えている本人だけなのです

だから、相手のことであなたが「カッ」とするのも、相手に何かしらの勝手な期待をしているからでしょう

でも、その期待に応えるのはあなたではなく、「相手」なのです

そこであなたが口出しをして腹を立てても何も変わることはありません。

あなたが変えられるもの

あなたが根本的に変えられるものは「あなたの人生のタスク」しかありません

あなたがリアクションを取ったところで

他人の人生は決して変えることは出来ません

ましてや、相手のことに対してイライラしているのはとんだお門違いです

イライラしたところで変わることは一つもありません

他人が為すことを決められるのはその人自身でしかなく

言い換えればこれは、「相手に過度な期待をしない」ということにもなります

あなたが出来ることは

自分の人生のタスクをひたすら黙々とやることなのです

イライラするだけで、あなたにこんなデメリットがある

 イライラすることに嫌悪感を覚えるだけではなく他人にイライラを感じたあなたに降りかかるデメリットは意外とたくさんあります

<イライラを感じるデメリット>

  1. イライラすると集中力がなくなる
  2. エネルギーを大量に消費してしまう
  3. 長い目で見たらストレスは寿命を削ぐ

イライラすると嫌な気持ちになるだけでは収まることを知りません

イライラするとあなたの集中力がなくなったり、あなたのメンタルにとどまらずに人生という長いスパンで見たら他人から受けるような悪性の強度ストレスは死亡リスクを43%も高めて命までも蝕んでいきます

もちろん、ストレスには焦燥感を出して仕事を早く終わらせるなどの効果を発揮する良いストレスもありますが

それは自分の中で生成されるストレスがほとんどの場合で

他人から受けるストレスはむしろ私たちに悪い影響しか与えないでしょう

最後に

結論として、相手に口出ししたくなったときは「これはいったい誰のタスクなのか?」を考えて行動すれば自ずと道は見えてくるはずです

他人へのイライラは誰にもメリットを与えません

他人へのイライラしないことは何よりも自分も無駄な体力を使わなくていいのが最大のメリットと言えます

全てがすべて他人との課題の分離をすることは難しいと思いますが

この考え方を知っているだけで少しは肩の力がぬけて他人に振り回されることがへって毎日をラクに生きれると思うのでぜひ、イライラを感じたときに思い出してくれたら嬉しいと思います

読んでくれてありがとうございました!

またね!

参考文献

もっと詳しく知りたい方はチェックしてみてください

こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます