勉強&仕事

計画の達成率を上げる予定の立て方はコレだ! 【時間は有限】そのことに気付いたとある高校生。

こんにちは!ゆるです

突然ですが

「時間って有限だね」

という話から

今回は「計画を立てても挫折する…」ということを防ぐ

そんな計画の立て方もご紹介します!

最近感じること

それは

時間って有限だねっ

ということ

ユル
ユル
当たり前ですがつくづく最近になって実感します

この世のすべてのひとに平等に与えられているもの。

それは時間です

1日は24時間。

その事実はたとえお金持ちでも貧乏でも変わりません

それに時間はお金では買うことはできません

時間とは人を待たずして過ぎ去ってしまいます

それは時に残酷なことかもしれません

例えば、病気になってしまって仕事や学業ができない場合になっても

時間は一刻と過ぎていってしまうものです

長針と短針がカチッカチッと一秒ずつ

いまも時間を刻み続けています

ひとりの人生は3万日

私たちの一生はおよそ3万日といわれています

時間に換算すると72万時間ほど

この時間を「72万時間しかない」or「72万時間もある」ととらえるか?は個人のさじ加減。

ちなみにわたしは「72万時間しかない」ととらえる派です

時間は有限! つまり有効に使うことが大事

記事頭初で書いたとおり時間はみんな平等であり24時間。

そこでどれだけ若いうちから時間を意識して使うことが人生をより良い方向へ導く鍵(キー)になります

ユル
ユル
私を含めてそう言っても若いうちから意識するのはなかなかできないものだよね

そこで大事なのは計画

だけど予定をぎゅうぎゅうに詰め込んで、結局は計画倒れ。

という人に簡単に計画がスムーズに進む方法をお教えします!

時間を有効活用するためにあえて時間は捨てる勇気を持とう!

それは

「予定を立てるときからあえて計画を破ること」 を計画に入れておく

これだけ!

ココハ
ココハ
つまり1日の計画のうちある一定の時間は捨てるってことだね

この方法を実践するだけで目的を達成できる確率がぐぅ~と高くなります

この方法は人間の心理「モラル・ライセンシング」を応用したもので

1日のうちにあえて怠ける時間をつくることで行動にメリハリが生まれて

迷いが減る分、いまこの瞬間に集中することで短時間で手に付けている作業を速く終わらせることが可能になります

【モラル・ライセンシング】とは?

人間の心理のうち、「いいことをしたからちょっとだけ悪いことをしてもいいよね」と思ってしまうこと。

例えば、「ダイエットで昨日はお菓子を我慢したから今日はちょっとだけチョコレートを食べてしまおうかな…?」といった具合の心理。

 

 これは決して自分が悪いことではなく、人間なら誰しもがこのような気持ちの緩みが出てしまうのは至って正常な心理です

ユル
ユル
真面目な人は自身を責めすぎないように注意してね

この心理を覚えておいただけでもスポンジがあって安心だと思うよ!

まとめ ポイントを整理!

以上のことから予定を立てるポイントは

  1. 1日の予定を立てるときは大体:1~2時間の怠ける時間を前もって予定にいれることが、計画通りに進めるコツ!
  2. 予定どおりにいかなくても、自分を責めないこと

このポイントを押さえて予定を立てれば計画達成率が大きく上がりますのでバカにしないでぜひ、取り入れてみてください!

読んでくれてありがとうございました

またねー!

こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます