study

午後からの勉強&仕事もお昼寝でリフレッシュ 今まで以上に効率をアップさせるお昼寝

ユル
ユル
お昼寝は気持ちいいね♪

みなさんはお昼寝好きですか? 私は大好きです♪ご飯を食べた後のお昼寝は、とっても気持ちがいいです!

ココハ
ココハ
お昼寝は最高…ムニャムニャ…

気持ちがよいお昼寝ですが

休日の勉強や在宅ワークの仕事の途中に上手なお昼寝の仕方をすると

お昼寝のあと…つまり午後の勉強&仕事がはかどるだけではなく、病気の予防にもなります

ぜひ肩の力を抜き、ゆるゆるとお読みください♪

こんな人向け
  • お昼寝大好きな学生やビジネスマン
  • 効率よく勉強をして結果を出したい!(テスト,資格取得,受験など)
 

世界30か国以上の国や有名な企業もお昼寝を取り入れている

Aguimes, グラン ・ カナリア島, 路地, 離れた, アーキテクチャ

みなさんは、「シエスタ」という習慣を聞いたことはありますか?

スペインなどの世界30か国以上の国で「シエスタ」と呼ばれるお昼過ぎに、昼寝&休憩をする社会的な習慣があり、

現地では午後3時ぐらいになると、企業や官公庁、飲食店などが一斉にしまって、休憩やお昼寝をするのです

ユル
ユル
近年では、習慣をもった国々ではとどまらず

有名企業のGoogleやNikeが取り入れ、推奨していることでも有名だね

そんな「お昼寝」を見ていきましょう♪

20分の昼寝で午後の仕事や勉強がはかどる

女の子, ベッド, 髪, ベッドルーム, リラックス, 人, 屋内で, 白人

午前中の作業で疲れている状態で20分~30分お昼寝をすると、

集中力・判断力・生産性がアップします

に加えて「認知機能」にも向上効果を発揮してくれます

認知機能というのは、

簡単に言うと「学習能力や思考力などの知的な能力」のこと

 

もっと簡単に言えば、「考える力」のことです!

アップというよりも正しくは午前中の疲れたせいで状態が低下している脳を「回復し、なおかつUP!」してくれます

ユル
ユル
気持ちいいうえに、その後の勉強や仕事の効率までアップしてくれるって

まさに一石二鳥!!

ここを気を付ければメリットずくし!「昼寝の落とし穴」

記号, 注意, 警告, 危険, 安全性, リスク, 黄色, シンボル, アラート, アイコンを

そんな思考力や集中力を回復し、アップしてくれるお昼寝ですが、気を付ければいけないポイントがあります

それは「昼寝時間」です

20分~30分程度の昼寝時間で先ほど書いたいろいろなメリットが見られます!

た・だ・し!

それ以上の昼寝は身体にあまりいい影響をもたらすとは言えません…

具体的には先ほど、「集中力・判断力・生産性がアップする」とお伝えしましたが

1時間以上のお昼寝をすると

逆に今度は集中力・判断力・生産性にプラスして注意力も低下していきます…!

しかもデメリットはそれだけにとどまらず、寝すぎると将来的に認知症になる可能性が2倍も上がってしまいます

高齢者337人のアルツハイマー患者とその配偶者260人の「昼寝の習慣と認知症発症リスク」について調べたところ、「30分未満の昼寝をする人」は昼寝の習慣がない人に比べて、認知症発症リスクが約7分の1だったが、「1時間以上の昼寝をする人」は昼寝の習慣がない人に比べて、認知症の発症リスクが2倍も上がっていた

2000年、国立精神・神経医療研究センターの実験

とデータがある通り、1時間以上の昼寝をする人は

将来の認知症発症リスクが2倍も高くなってしまいます

ココハ
ココハ
ええっ!怖い…

ちなみに、「30分以上1時間未満の昼寝をする人」は

昼寝の習慣がない人に比べて、認知症発症リスクは半分減っていたそうです

以上のデータから見ても、「1時間以上のお昼寝」は避けましょう

さらには、眠りすぎると、夜スムーズに眠りにつけなくなってしまう面も

考慮するとお昼寝は20分から30分ほどにしておくのが良いと思われます

まとめ

画像1

 今回は「お昼寝でリフレッシュさせて午後からの勉強&仕事を効率化する方法」についてご紹介しました♪いかがだったでしょうか?

お昼寝は眠り過ぎさえ気を付ければ

気持ちいいし、午後からの勉強や仕事も効率よくこなせるようになります!ぜひ、お昼寝は適度に行って自分の時間を有効に使ってみてください

ココハ
ココハ
「何事もほどほどに」だね

読んでくれてありがとうございました

またねー!

こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます