うつ病

人生って不平等よね。と思うある高校生

こんにちは!ゆるです

今日は…なんかおもーーーい!!

って思っても開いてくれた方、ありがとうございます

完璧にわたしの人生に基づく、主観で作らせていただいたので

その点はご了承ください

「人生って不平等だよね」の理由

black iphone 7 on brown wooden table

ユル
ユル
少々、自分の体験を書きます!があくまでもわたしの話です

一般的に人生の中で楽しい時期と呼ばれる高校生が

「なぜ、そう思うのか?」

そう思った出来事

高校生になって頑張ってたらうつ病になる

コレですね…

わたし鬱なんです

今年の9月あたりに体調を崩し、その後

こころの病院に行ったら

鬱と診断されました

woman sitting on black chair in front of glass-panel window with white curtains

診断された当時の心境は「あ~あ。」でしたね

高校生はじめのゆる、生徒会に入る

ひどい高校生活、送ってたんでしょ~??

あのね、そんなことない。真逆!!

はい。自分で言うのもなんですが

高校1年生から頑張っていました

高校入学した4月当初、生徒会に入りました。

入学仕立ての学校のまとめ役に、

ありがたいことに抜擢されました

それからというもの、慌ただしく過ぎていく高校1年生…

休み時間と放課後をつかって生徒会の活動

時には全校生徒の前で1時間、授業をやったり

ホントにありがたい体験をさせていただきました

それから1年間、クラスメイトにも、先輩・先生にも

信用してもらえ1年生とは思えないほど、多彩なことにかかわらせていただきました

さて、うつ病のご来光ー!

ユル
ユル
いや、こなくて大丈夫です(笑)

って言っても来ちゃうんですよね~

次の学年では生徒会も副会長をやらせていただいていました

多忙ですが、楽しくしてるときでした

ココハ
ココハ
まさに青春しているとき!!

その日は、突然に来ました。

「あれ?起き上がれない。」

次の日から、イキイキとしていたわたしが

ベッドの上で1日のほとんどの時間を過ごすようになり

「死にたい。」欲求が出てきちゃったんです

ココハ
ココハ
いわゆる、「希死念慮」ってやつだね

で、病院に行ったら

「うつ病」ですね

と診断を精神科の先生から診断されました

うつ病のご来光ー!

と、「いや、はぁー(ため息)」

でしたね

それはないよー。

とこれにつきました。

(いろいろ書くと書ききれないので今回はここまでにしておきますね!)

まとめ~5人に1人が~

診断を受けて、およそ三ヶ月。

くすりなどで不安を抑えることにより

日常生活が戻ってきました。

私は早い段階で分かったため、それほどひどくならないで

いまでは人と話せるまでに回復しましたが

もっと重症の人で毎日苦しんでいるかたも

この世の中にたくさんいます

うつ病は現代人の5人に1人の割合でなるとても身近な病です

うつ病は決して甘えなどではなく、脳の誤作動による症状で

治療を受けて元の状態まで回復が見込めるそうです

もし、うつ以外でも悩んでいるかたがいたらぜひ、一度病院に行ってみてください

人生って

「頑張っていれば報われる!」と思っていても辛いですが

実際、報われないものもあるみたいです

それが今回、学んだことです

人生って不思議です

健康に気を使っていても、病気にかかりはやく死んでしまうことがある

こんなことが毎日起こっています

人間は法の下には、たしかに平等です。

しかし、そのほかには?と言えば不平等なものばかりです。

パワハラ、性差別、生まれながらの貧困や病気の有無…。

と自分に悪気がないものでも 降りかかってきます。

それは頑張ればどうにかなるかもしれない。

でも、それはあなたの問題ですか?

と聞かれれば、こたえは

NO

でしょう

この世には不平等なものがたくさんあります

その事実を受け止めなければいけないのですね

もちろん、パワハラや性差別など、人間が原因の不平等は潰していかなければいけません。

その為には、いろんなことを考えて行動に移していく必要がありますね。

不平等を受け入れ、

そこから「どうするのか?」を考えていきたいです

重い話になっっちゃいましたが

最後まで見てくれてありがとうございました

目を背けてはいけない現実がそこにはあります。

そのことをないがしろにしてはいけません

と、思うユルでした

読んでくれてありがとうございました

またねー!

こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます