日常のくらし

睡眠のために夜はお支払いを…クレジットカードや電子マネーを使ったほうが良い話

みなさん、こんばんは!ユルとココハです!

夜も過ごしやすくなりましたね…

ショッピングでのお買い物の支払いの時に皆さんは何で支払ってしてますか?

最近は現金&クレカの他にも、PayPayなどの電子決済サービスを使うことも増えてきて

このまま日本にもキャッシュレス化は進むのでしょうか…?

ウィンドウ, 女性, 朝, 女の子, ストレッチ, 起立, 茶窓, 茶色の朝

ですが、睡眠の質を高めてスッキリ起きるには「昼も!」とは言いませんが、

『夜の時間のお買い物』は極力、現金以外のクレジットカードなどの決済方法・電子決済サービスを使ったほうがいいかもしれません

ユル
ユル
睡眠の質を高めたい人にはオススメだよ…!

というよりも夕方からのお買い物は現金以外決済方法を使いましょう

今回こんな人にオススメ…!
  • 睡眠の質を高めたい
  • 夕方~夜にかけてのお買い物によく行く
  • クレジットカードやPayPayなど、現金以外の支払いツールを持っている

『夕方からのお買い物』に現金を使うと睡眠に響く!?

ショッピング カート, ショッピング, 購入, キャンディ, トロリー, ショッピングリスト, 食品, 一覧

夕方からのお買い物に現金を使うと睡眠の質を下げてしまいます

その理由としては、眠りにつくまでに現金を使うことで

脳が活性化してしまい

その結果、睡眠の質を低下させます

レジでお金を払うのはこんなに大変!

ココハ
ココハ
なんで、夜に現金をつかうと、睡眠の質が悪くなるの?

何気なく現金を使うときに私たちの脳で行われている作業は

①商品の金額を頭に入れる

→②お札の枚数と小銭の計算をしながら、手をお財布中から出す

→③お釣りがあっているか確認する

という、以外と多い『頭を使う作業』ということをしています

この当たり前のように思える『頭を使う作業』眠りにとっては敵なのです…!

当たり前ですが人間の脳は私たちが起きたときから眠りに向かっています

ユル
ユル
午前中は現金を使って仕事と勉強のために脳を覚醒させるのも効果的な方法アリかもね…!

ただし、それは午前中とお昼過ぎだけだよ

少しずつ脳を眠りへ…

サンセット, 自然, 夕方には, 植生, 空

私たちの脳は、夕方から本格的にゆっくりと眠りに向かっての準備を始めるのですが

そこで夕方の現金で頭を使ってしまうと、脳が目覚めてしまいます

そうすると、脳の休息時間に入るのが遅くなり、脳が夜も稼働し続けるのです

うつ病や不眠症の人は「コレ」になっている!?

ウィンドウの表示, 座っている, 屋内で, 女の子, 女性, リラックス

 うつ病や、不眠症を患っている方はになっても脳がフル稼働してしまい眠れないことが分かっています

つまり、現金を使うことで眠気がくるのも遅れ、脳が「眠ります!」合図を出さなければ私たちは眠ることが難しくなってしまいます

したがって午前中に重要なタスクや頭を使う仕事や勉強を終わらせ、

夕方からは、洗濯物をたたむなどの脳にやさしい家事をして

脳を入眠モードへと少しずつ、いざなってあげましょう

まとめ

ライブラリ, アーキテクチャ, 書籍, インテリア, インテリア デザイン

現金→クレカのように「質の良い睡眠」をするには

朝の行動から始まっています!

イメージとしては、「階段から降りてくる」感じで

タスクを選ぶと入眠に向かって穏やかな1日を過ごすことができます

これから夕方~は現金を避け、クレカや電子決済サービスを利用して

脳にいいお金の使い方をしてみて下さい♪

ココハ
ココハ
クレカが持てない学生は「LINEペイ」とかオススメだよ

読んでくれてありがとうございました

またねー!

こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます