ビジネス

5Gの防犯とAmazon Goがスゴい!

こんにちは!ゆるです!

前回の5Gでは『クルマの保険』についてご紹介しました!

「読んでないよ~」という方はぜひ♬↓

5Gでクルマは大きく変わる【保険編】 今回こんな人にオススメ…! 5Gに興味がある クルマが好き! 前回記事「私たちは5Gに何を求めるのか?」が面白かった!(あ...

今回は「え!?そこも変わるの!?」と思う5Gでここも変わるセキュリティ事情をご紹介します!

おすすめな人!
  • 5Gもっと知りたい!
  • 5Gの個人情報心配なんだよなあ…
  • 安全がいちばん!
  • 「Amozon Go」が気になるっ

防犯カメラだいかつやく!

乾杯, 喜び, 貧しい, コミュニティ, シルエット, 人, 個人, 人間, 運動, ジャンプ, ダンス, 光

警備のいまは、ほとんどが「防犯カメラ」です

種類も様々で今ではどこに行ってもありますよね!

ちょっと前までは「NO MORE 映画泥棒」のようなカメラが多かったですが

今ではショッピングモール・スーパーなどでも

サムネのような、見た目がかわいい丸っこい

防犯カメラを見かけるようになりました

そんなスーパーやショッピングモールで

見かける防犯カメラですが、

室内はOK!として、ライブ会場やマラソン大会などの大規模な屋外イベントはどうでしょうか?

今日は今のスーパーやショッピングモールではなく

どちらかというとライブ会場やマラソン大会

などの大規模な屋外イベントに

焦点を当てたお話になるかもしれません…!

(しかし未来のスーパーマーケットについても少しご紹介します)

フェスやライブ、マラソン大会の課題

ココハ
ココハ
音楽ライブや野外フェスって盛り上がるよね…!

ディズニー, ダンス, 喜び, ライフ スタイル, ポーズ, セクシーです

楽しい!フェスやライブですが

大規模なホールもしくは屋外での開催なため

ショッピングモールなどの商業施設とは違って

防犯しにくい面もある。

手荷物検査を設けたりと対策が講じられています

ですがやはり、デメリットを挙げると

  • 時間がかかる
  • コロナのような感染症も手荷物検査時の密集で感染リスク(2020年10月現在)

などの課題があるのも事実です

赤, サングラス, 眼鏡, 保護, 目, メガネ, 太陽, ファッショナブルな

 マラソン大会大会などのスポーツイベントでは防犯カメラを設置したりしてますが

「固定されたカメラ=死角がある」と言えます

そこで5Gの防犯は「AI」を使おう!

技術, スマート フォン, 業界, 産業4, ウェブ, ネットワーク, 情報技術

近年、技術開発・テクノロジーが盛んになっている現在には「AI(エーアイ)」というものがあります

「5G×AI」によって防犯・警備が新しいもの

変わっていくことが予想されます

このことを『パブリックセーフティ』といいます

正式には

パブリックセーフティとは、直訳すると「公共の安全」ですが、最新のIT・通信技術やビッグデータ、AIを活用し、国 家や都市の安全を守る取り組みを指す。

IT・AIで犯罪を減らし安全を守る急成長するパブリックセーフティ分野

ユル
ユル
具体的には、「セコムの東京マラソンのセキュリティ対策」を例にみていこう!

セコム東京マラソンで行われたセキュリティは

防犯カメラに加えて

スタッフにウェアラブルカメラを持たせて

遠隔モニタリングにより

動く防犯カメラ」を作り監視

ほかにも、車載・プラカード・気球からの様々なカメラからの監視

近年話題のドローンの空撮禁止の警備では

「ドローンを探知する機器」などを導入し

活用するテクノロジーの力を借りることによって

屋外の大規模イベントでも、よりセキュリティを強化して安全なイベントの開催ができるのです

ココハ
ココハ
ハイテク…!

「Amazon Go」に倣う未来のスーパーマーケット

「Amazon Go」はAmazonの近未来型スーパーマーケットで、

オンライン ストア, オンライン ショップ, ストア, オンライン, ショップ

簡単に説明すると

Amazonアカウントを持っていれば、

商品を手に取って→レジを通さなくてもそのまま店内を出ていく→決済完了というシステムです

もう少し、詳しく話すと

仕組み的には店内の商品を手に取ったまま

駅の改札口のようなゲートを通ることで

その商品の値段分の金額がAmazonアカウントに登録されているクレジットカードから、支払われます

自分の殻に閉じこもる人のイラスト

ユル
ユル
私みたいなコミュ障で本とブログばっかりしている人には嬉しい

近未来スーパーマーケット「Amazon Go」の認証方法がすごいっ!

アマゾン, アイコンを, アプリケーション, シンボル, ボタン, 記号

無人レジ化がされているのは

もちろんすごいですが

それよりも驚くべき点が店内のカメラは

プライバシー保護の観点から

「顔認証システム」ではなく

数十台のカメラで来店者を体の動きで察知する「行動認証システム」が使われています

 このような「行動認証システム」を活用すれば

AIがビッグデータから分析したデータをもとに

危険行動を起こすかもしれない要注意人物を

特定することができ、万引きなどの犯罪を阻止することができます

 このように警備システムはさまざまな機器と連携して

プライバシーに配慮しながら

セキュリティを強化することが5Gでは可能になります

まとめ

5Gでは動くカメラと人の目によって広範囲の監視が可能になる

「近未来にレジを通過しなくてもいい!」そんなスーパーが誕生する

フリーランサー, 作業スペース, コワーキング, デスク, オフィス

このように安全強化にも5Gは役立ってくれ、安心して暮らせる社会づくりに貢献してくれます…!

その反面

プライバシーなど、私たちが気を付ければいけない部分もあるので

私たちがまず、正しい知識を身に着けておく必要があります

ユル
ユル
「5Gとプライバシー」に関してはまた別の機会で解説できればな。と思っています

※この記事は現段階の情報からあくまでも考察したもので真偽を確定するものではありません))

読んでくれてありがとー!

またね!

こころの日常をかんがえる高校生
ゆる
まったり学ぶことが楽しい高校生です。 雑記ブログを運営中♪  心理学をはじめとしたさまざまな知識から、「こころの日常」を考えます! まったり読んでくださるとうれしいです。
\ Follow me /
記事が選択できます